image今の子どもたちに親ができることはなんだろうか。

何でもあり過ぎる時代に、何を与えられるだろう。

2020年には小学校の英語が教科化される。

それに不安を覚えるのは私だけだろうか。

私が中学校1年生の時、

大好きな友だちと一緒の英語塾に通ったことがきっかけで、

英語の成績もよく、高校は英語科に進学した。

高校3年生の夏、

アメリカの公立高校に交換留学することを決めた。

そして、大学2年生でマルタ島のマルタ大学へ。
大学3年生でトルコのボアジチ大学へ。

全て交換留学であった。

私がそもそも英語を話したいと思うようになったのは、

英語の成績が他の人よりも良かったことで自信がついたこと。

そして、洋画の影響である。

この人たちの言葉が話せたら、

字幕なしに分かったら、どれだけ深く感動するんだろう。

世界の人々と話せたら、

どんなに楽しいんだろう。

ワクワクすることしか、なかった。

でも、もし中学生だった頃の自分の成績が良くなかったら、

いわゆる『英語嫌い』になっていたと思う。

人からは、「英語が話せていいね。私は英語が嫌いだから。」

と言われるたびに、

ココロが苦しくなる。

『英語嫌い』の根本は、英語が教科だったからであり、【英語はただのコミュニケーションのツールでしかない】ということに、人々は気づいていない。

私たちの世代の『英語嫌い』は

そもそも【成績が悪かった】から始まったのではないか。

だとすれば、今は教科でない英語を小学校で教科化することで

さらなる『英語嫌い』を生み出してしまうのではないか。

そもそも『英語嫌い』の多い小学校の教諭が教え、

小学校で、「英語ができない」と植え付けられてしまうことは、

危険なのではないか。

<だからおうちでできること>

私は毎日寝る前に絵本を読む。

1人一冊、時間があれば二冊。

2人が二冊づつ持ってくると、四冊になり、一時間ほどかかることもある。

そのうち一冊は英語の絵本を読んでいる。

別に彼らにバイリンガルになってほしいわけでも何でもない。

字を読めなくても、理解していなくてもいい。

「あいうえお」があるように、「ABCDE」が日常にあることを、

何も特別でないことを、

知ってほしい。

小学校に入った時に、彼らが絶望しなくてよいように、

サラッと生活の一部に取り入れる。

週に一時間の英会話教室よりも、

つたない英語でも、毎日の15分の積み重ねが、

子どもたちに可能性を与える。

「いやだってあなたは英語が話せるからいいけど、私は話せないからムリ」というのは、ただの言い訳。

「英語ができない」ワケがない。

APPLE
BEAR
CAT

これが読めない人はそんなにいない。

発音が分からなければ、事前に調べておけばいい。

楽しそうに読めばいい。

ママが楽しそうに、嬉しそうに読んでいれば、

必ず子どもたちは、英語って楽しそう!と思うようになる。

ママがつまらなさそうに、嫌そうに読んでいれば、

必ず子どもたちはそれを感じ取る。

英会話教室に通わせなければ、落ちこぼれる!!なんて焦らないで、

英語を生活の一部に取り入れてみよう。

アルファベットを見たら、「あれ?これはひらがなとは違うね。英語だね。」

外国の人が歩いていたら、「英語を話す人だね。英語が話せたら、彼とお話ができるね。」

そして子どもの前でじゃんじゃん洋画を見よう。

子どもがアニメのDVDなんかを見たら、「次はママの番だからね。」と洋画を英語で観る。

生活に英語がゴロゴロ転がっていたら、

きっと子どもが『英語嫌い』になることは無いと信じている。

あなたにできることを少しでも子どもに与えよう。

彼らの未来は、無限に広がっているのだから。