image先日、父方のお墓まいり帰りに念願の芦屋でイタリアンランチをしてきました。

芦屋マリーナ内にあるMar Rosso (マレロッソ)さん。

かれこれ3回振られている私たちです。

一度だけフラッと立ち寄った時に食べたラザニアが忘れられなくて、今まではお墓まいりのついでに寄っていたのですが、去年3回も満席でフラれてしまい、今回ばかりは!と予約して行ってきました。

なんだかマレロッソさんに行きたいからお墓まいりにいく!みたいになってしまいましたが。

私も色々な美味しいランチを京都で食べ歩いておりますが、こちらのイタリアンランチ、なかなかのコストパフォーマンスです。

ランチは
A カスピオコース
1,620円
前菜盛合せ、週替わりパスタ、ドリンク

B マレロッソコース
2,138円
前菜盛合せ、週替わりパスタorリゾット、ドルチェ、ドリンク

C メディテラネオ コース
3,218円
スープ、前菜盛り合わせ、週替わりパスタorリゾット、週替わりメイン料理(魚、肉から1種類)、ドルチェ、ドリンク

S セッテマーリ コース
3,800円
スープ、前菜盛合せ、週替わりパスタorリゾット、週替わり魚料理、週替わり肉料理、ドルチェ、ドリンク

このようになっており、前回はBコース。今回はどうしても伊勢海老の冷製スープが飲みたくてCコースにしました。

Sponsored Link

プラス1080円で伊勢海老の冷製スープとメイン料理がついちゃうんですもの。お得です。

冷製スープの伊勢海老感は口に入れた瞬間にぶわあああーーーー!!!!!!!!!と広がり、一口一口ゆっくり味わいたい一品です。

3種類ほどが盛られた前菜も何を食べても美味しいです。最近は薄味のイタリアンが多い気がしますが、こちらのはしっかりと味が付いていてでも塩辛くない。丁度いい味加減です。

週替わりパスタやリゾットは選択肢がいつも5種類ほどから選べて豊富で嬉しい。毎日来ても飽きがこないんじゃないかな?って思います。

念願のラザニアは、Cコースにしたからか量が少し物足りないように感じました。(メインがあるので考えられた量なんだと思いますが)

やはり、ラザニア目当てで行ったので、次回はBコースでがっつりラザニアをいただきたいです。

母がいただいたメインの魚は生臭くなく、野菜のたっぷり取れる一品で私と父が頼んだお肉料理は口に入れた瞬間にホロホロとなくなるほどに煮込まれた豚のトマト煮でした。

だいたいこういうコースをホテルで食べたら、メインでガッカリすることが多いのですが、大満足です。

むしろプラス1080円でこんなスープとメインが出せることに驚愕です。

そしてこちらの最強の強みは、ドルチェ&コーヒーがビックリするほど美味しいんです。

父のオーダーしたティラミスは、かつて本場イタリアでイタリア人の作った味を思い出させてくれたし、クレーマ・カタラーナ(クレームブリュレに似たもの)は今すぐにでも何回も食べたい。近かったらデザートだけ食べに行きますよ。

また、料理を運んでくれるウェイターさんに、私たちが京都から来たこと。3回もフラれていることなどを話していて、最後に『本当に美味しかったです』と心の声を伝えると、

『シェフに伝えておきます』とおっしゃってくださいました。

そして私たちが帰ろうとしたその時、シェフが出てきてご挨拶してくださいました。

なんと粋な!普通のレストランじゃ有りえないかも?!

やっぱり人だ。人なんだ!だからいつも満席なんだな、納得です。

私たちはすっかりこのMar Rosso (マレロッソ)さんのファンになってしまいました。

『ファンを着実に増やしていくこと』これはサービス業の世界だけではなく、全世界で通づるものなんじゃないかと思います。

あの人の作るものが食べたい。あの人から買いたい。あの人と一緒にいたい。

私も少しでも私のファンがいてくれるような人になりたいと常々思っています。

あまりの美味しさに料理の写真を一枚も撮らずに食事を終えてしまいました。無念。

現在建設中船の形をしたXIVホテルを見つめながら、また絶対来るぞと心に誓って神戸を後にしました。

好きをたくさん増やしていく。私の人生は『好き』だらけ。

今日もこうして好きな人たちと好きなことをして過ごしていきたい。

あなたもファンを増やしませんか?

Sponsored Link